2019年 12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31     
今日
2020年 01月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
 

データ作成ガイド

アプリケーション対応表

アプリケーション対応表
アプリケーション Windows Macintosh
Adobe Illustrator 8.0-CS6 8.0-CS6
Adobe Photoshop 4.0-CS6 4.0-CS6
Adobe Acrobat(PDF) 4.x-最新版 4.x-最新版

※上記アプリケーション以外にも対応可能なものがございます。お気軽にお問い合わせください。

アプリケーション別注意事項

Adobe Illustrator

  • 必ずフォントをアウトライン化して下さい。
  • 入稿テンプレートをご使用ください。
  • トンボ(トリムマーク)を付けて下さい。また、仕上がりギリギリのところまで写真や絵柄が入る場合は、天地左右3mmずつ塗り足して下さい。
  • 必ずCMYKモードでデータをお作り下さい。RGBや特色データで入稿された場合は、CMYKに変換する必要があり、色味が大きく変わってしまう場合があります。
  • ファイル形式はIllustrator形式、IllustratorEPS形式のどちらでも結構です。ただし、下位バージョンでの保存は不具合の原因となりますので、ご使用のバージョンで保存して下さい。
  • 配置する画像は、原寸時の解像度を、CMYK・グレースケールで350dpi程度、モノクロ2階調は600〜1200dpi以上でお願いいたします。

Adobe Photoshop

  • データは、CMYK・グレースケール・モノクロ2階調のいずれかでお作り下さい。
  • 原寸時の解像度は、CMYK・グレースケールで350dpi程度、モノクロ2階調は600〜1200dpi以上でお願いいたします。また、仕上がりギリギリのところまで写真や絵柄が入る場合は、天地左右3mmずつ塗り足して下さい。(※大判ポスターやタペストリー等の大型販促物は、150〜200dpi程度の解像度で問題ありません)
  • 仕上がりギリギリのところまで写真や絵柄が入る場合は、天地左右3mmずつ塗り足して下さい。

Adobe Acrobat(PDF)

  • フォントを埋め込んで作成して下さい。
  • PDX/X-1a規格での作成をお勧めしております。フォント埋め込み・透明効果の分割・CMYKカラーしか使用出来ないなど、円滑な印刷工程を実現するフォーマットです。
  • 詳細は、Adobeサポートデータベースにある以下のページをご参照下さい。
    PDF/Xに準拠した印刷用PDF作成ガイド(文書番号222914)

ページトップへ